活動内容

ここでは僕たちがどのような活動をしているのかを紹介します。

町田市の消防団

町田市の消防団は5個分団36個部、団員数660名(定員数)で各部毎にそれぞれ受持ち地域があり担当する地域での活動を行います。
消防団で保持している主な装備はCD-1型A-2級ポンプ車両37台、照明電源車5台、資機材搬送車(小型クレーン付 )1台、広報車1台、可搬ポンプ38台です。

消防団の活動

ひとくちに消防団の活動といってもいろいろなものがあります。

火災があった時に出動して、消火活動を行うのはもちろんの事ですが他にも消防団ではいろいろな活動をしています。

  • 火災時の消火活動
  • 台風や集中豪雨などによる風水害時の警戒や防護活動
  • 地震発生時の警戒や救助活動

このように様々な災害に対して、自分たちの町は自分たちで守るという精神のもと、地域の防災リーダーたるべく平時から訓練や広報・教育活動に励んでいます。

 

当部の管轄

僕たち第一分団第四部は南大谷、中町3丁目を管轄しています。管轄地域の災害に加え場合によっては隣接する地域への応援も行います。

町田市消防団第一分団と四部の管轄図
町田市消防団第一分団と四部の管轄図

 

器具置き場

詰所(器具置き場)は南大谷のさくら会館隣にあります。詰所にはポンプ車両が配置されており、非常時に団員はここに集まって出動することになります。

 

ポンプ車両

当部のポンプ車はキャブオーバーダブルキャブの6人乗り、2t車をベースにポンプを内装しています。ポンプ車自体には水を積んでいないので、消火栓や防火水槽から水を汲み上げて放水することになります。

syaryou
いすずELF CD-Ⅰ型A2級ポンプ車

 

当部の主な活動

平常時の主な活動は月に2回の器具の点検、各種訓練(規律・機関運用・応急救護など)、歳末や祭りなどのイベントでの警戒、管轄地域で行われる防災訓練での教育指導など多岐に渡ります。

tokyo_dezome
2016年 東京消防庁出初式に出場

 

syutsudou_pomp
ポンプ車にて火災出動

 

kensyu
第一分団研修で第九方面ハイパーレスキューを視察

 

kyuuzyo
救助技術者研修にてショアリング作成

 

kunren
操法訓練の様子

 

 


自分を家族をそして、地元を守る! いざという時に守られる側ではなく守る側の立場でいれるために。 あなたも地域の防災リーダー目指してみませんか?